タイで結婚 結婚相談室!

タイで結婚

タイで結婚する時には、どのような手続きが必要になるのかまとめてみたので、これからタイで結婚するという方は参考にしてみてください。

タイで結婚する時には、必要書類を揃えて日本大使館領事部へ提出する必要があります。

日本人書類は、戸籍謄本3通、住民票3通、在職証明書、所得証明書、パスポート、婚姻要件具備証明書、結婚宣誓書です。

タイ人書類は、住居登録謄本、国民身分証明書のオリジナルとコピー、パスポートとなります。

大使館担当官の前で結婚宣言書にサインして、認証済宣誓書を受け取ったらタイ外務省で認証を受けて、タイの役場に提出して婚姻手続きを行います。

タイでの手続きが完了したら、日本の役所かタイの日本大使館に婚姻届を提出します。

結婚後、タイで生活する場合は手続きが必要になるので、こちらも覚えておいてください。

まず在日大使館で、90日の配偶者用ノンイミグラント査証を取得し、その後1年間有効の滞在査証へ切り替えます。

ちなみに3年以上現地に滞在すると、永住権の申請資格が得られるので、今後もずっとタイで生活するのなら手続きをしておきましょう。

簡単な説明ですが、タイでの結婚に関する手続きは以上です。

分からないことがあれば、直接問い合わせると確実なので、どんどん質問していきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。