フィリピンで結婚 結婚相談室!

フィリピンで結婚

フィリピンで結婚する場合の注意点についてまとめたので、参考にしてみてください。
フィリピンで結婚をする場合は、婚姻要件具備証明書を取得する必要があります。

この書類は日本領事館で取得することができ、その際にはフィリピン人の出生証明書が必要になります。


その後婚姻する2人が役場で結婚したい旨を伝えると、役場ではこのことを掲示板で告知します。

そして10日間異議申し立てがなかったら、次の手続きに進むのです。

掲示板で告知して異議申し立てがなかったらと言う部分は、日本では考えられないことです。

そのため、いったい何がと戸惑ってしまうかもしれませんが、まず問題が起きるわけではないので、あまり気にしない方が良いでしょう。

手続きか完了した後は、婚姻許可書の有効期間内に結婚式を挙げなければいけません。

結婚式は市町村役場の裁判所で、裁判官が20分ほどのセレモニーと共に行います。

そして結婚式の時に、婚認証書が作成されます。

フィリピンでは日本のように厳密な戸籍制度や住民届出制度が徹底されておらず、思わぬ時間を要することがあります。

フィリピンで結婚を考えているなら、このことも含めて考えるようにしてください。

もちろん結婚後は、日本の役所に領事館を通して婚姻届け出を提出することも忘れずに。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168853626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。