フランスで結婚 結婚相談室!

フランスで結婚

フランスで結婚する場合の手続きについてまとめてみました。

フランスでの結婚で注意しなければいけないのは、手続きに必要な書類や方法が、各市や区によって異なる場合があるということです。

フランスで結婚することを決めたら、どこで結婚をするのかを決め、そこの市役所に必要書類を確認してください。

パリにある日本大使館では、国際結婚のための案内書が配布されているので、こちらから確認するという方法でも良いでしょう。

市や区によって異なるのですが、ここでは基本的な書類についてまとめておきます。

婚前診断書は、書類を提出する2ヶ月前以降に医者に診断されたものが有効になります。

あらかじめ日本で診断してもらう場合は、在日フランス大使館指定の医者に作成してもらう必要があります。

居住証明書は、結婚当事者いずれか一人のみで構いません。

この他に、出生証明書、監修証明書、独身証明書が必要になります。
これらの書類を市役所に提出し、結婚の日取りを予約すると、結婚の公示が行われます。

10日間啓示されて意義七位場合、婚姻は市役所で受け付けられることになります。

あとは日本鋼管に婚姻届を提出して、日本での手続きをすれば完了です。


細かな部分に違いはありますが、フランスでの結婚は基本的にこのような流れになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。